出会い

出会い系サイトやアプリで処女をゲットする方法

 

男であれば誰でも一生に一度ぐらいは、処女とセックスして処女膜を破ってみたい!という欲望に駆られるものです。

ただ、そうは思っていても、これまではよほどのモテる男でなければそういう機会に遭遇できない面もありました。

しかし今は違います。女性との出会いツールの発達によって、普通の男性でも処女と出会えるチャンスが大いに増加。

そこで今回は、処女と出会ってセックスする方法について解説してみました。

 

処女の確率が高い女性の見つけ方

では、処女っぽい女性とはどういう人なのか、これから解説していきます。

歳の若い女性

これは男性でも女性でも同じですが、歳を重ねるごとに童貞や処女の割合が減っていきます。ですから、何としても処女とセックスしたいのならば10代後半~20代前半ぐらいの若い女性を集中的に狙ってみるのが有効な方法です。

このぐらいの年齢の女性なら、処女は結構いるので狙い目となります。

また、年齢というのはとてもわかりやすい指標なので効率良くアタックすることができるのもメリットとなります。

地味な性格の女性

性格が地味な女性は男性との出会う機会が少ないので処女の確率が高まります。逆に社交的で派手な性格の女性はいくらでも男性から声を掛けられるので、人生の早い時期に処女を喪失している可能性が高くなります。

引きこもり気味の女性

家にずっと引きこもっている女性は男性との接触がないので、処女の女性も少なからずいます。

ただ注意しておかないといけないのは、引きこもりっぽい女性は逆に性体験が豊富な女性も多い、という点です。

というのも、普通の仕事が性に合わないので風俗に勤めたり出会い系で割り切りをやったりして体でお金を稼いでいる引きこもりの女性が結構いるので、ただ単にニートや引きこもりだから処女率が高いだろうと単純に判断すると失敗します。

ブスなのにプライドが高い女性

ルックスが良くないのにプライドの高い女性というのは自分と釣り合ったレベルの不細工な男を嫌うので、なかなか恋人ができません。

ですから、そういう女性にそこそこぐらいのレベルの男性が近づくと舞い上がって処女をプレゼントしてくれる可能性もかなりあります。

ブスで内気な女の子

ルックスが悪いことと内気な性格が重なると、男性との接触の機会が大いに減ることになります。さらに若い女性ならば処女率がかなり高まります。

こういう女性を探し出すのは意外に簡単で、出会い系サイトのプロフィール検索を使うと良いでしょう。

プロフィール検索で年代を20代前半までに指定して、キーワード検索で「ブス」で検索して浮かび上がってきた女性の中でナイーブそうな女性に片っ端からメールを送って口説いてみれば、処女と遭遇できる確率も高まります。

セックスに興味のない女の子

セックスに興味がない女性、すなわち性欲が薄い女の子は男性を求める理由が特にないので、処女率が高くなります。

女友達とばかりつるんでいる女性

大人になっても女性とばかり遊んでいる女性は男性恐怖症であったり、男性に興味が抱けない性格であったりして、処女の確率が高まります。

ですから、あえて女性と絡みたがる女性を狙ってみるのも良いでしょう。

出会い系サイトにはこんな風に女性との出会いを求める女性も結構いるので、ダメ元で口説き落としてみる価値はあります。

空気が読めない女の子

コミュニケーション能力の欠落してる女の子は社会生活ができないので、人と接触できず、処女の可能性が高まります。こういった女の子は一緒に会って話したりするとかなり疲れるのですが、逆に誰からも相手にされていない場合も多いので処女の確率も高く、セックスの相手としては狙い目になります。

処女をどうやって探すか

出会い系サイトのプロフィール検索で探してどんどん会う

処女であっても自分から私は処女ですと公言する女性はあまりいないので、処女っぽい女性を片っ端から当たってみて偶然の出会いを見つける、という方法が考えられます。

その処女っぽい女性については、基本的には出会い系サイトのプロフィール検索で探します。

単純に若いほどその率が高まるので、10代後半の女性をまず徹底的にチェックして、出会える女性であればあまりうるさい好みをいわず、どんどんで会いましょう。

この方法だけでも、何十人かの出会いを重ねれば、何人かは処女に遭遇できるでしょう。一番可能性の高い方法とも言えます。

10代後半ではなかなか上手くいかなければ、20代前半まで探す年代を広げてみましょう。

PCMAXの裏プロフィール検索を利用してみる

実は処女を探すのに最も手っ取り早い方法が、出会い系サイト・PCMAXの裏プロフィール検索です。こちらは女性がエッチな質問に答えていくというもので、その質問の中に「経験人数は?」という項目があります。

だからといって本当のことを答えてるかどうかは証拠がありませんが、「無し」とか「0人」と回答している女性も割とよく目につきます。

こういった女性にメールを送ってみると良いでしょう。

こちらも、一応女性が自分で処女と申告しているので、試してみる価値のある方法となります。

処女の確率の高い女性を見つけた後の口説き方

こちらは普通に女性を口説く時と同じようにすれば良いですが、気をつけたいのは処女は全く男性経験がないので、男性との会話に慣れていない部分もあります。

そのため卑猥な言葉を使ったり下品な言葉を使ったりしないようにしましょう。

また、出会うところまでこぎつけられれば、あまり焦って即ヤリとかを狙ったりせず、3回4回と出会いを重ねるようにすれば、普通にセックスまでこぎつけられます。

処女の確率の高い女性を見つけた後の口説き方

処女とのセックスには、非処女とのセックスとは違った気配りや準備が必要となります。

指入れをしない

いつも女遊びをしてる時の癖で、処女ということを忘れて指入れをしてしまわないように注意しましょう。

自分のペニスでなく、指で処女膜を破ってしまっても何の意味もありません。指入れは処女をしっかり頂いた後にするようにしましょう。

ちなみに処女膜は膣の入り口すぐ近くにあります。ですからほんの少しだけ指入れするのなら大丈夫だろう、と思うのは間違いです。

出血しない処女も多い

実はデータによれば、初めてのセックスでも出血しない女性の方が多くなっています。ですから、血が出なかったからといって処女を疑うというのはやめておきましょう。

女性が痛みを伴うことが多いので2回目のセックスは避ける

初めてのセックスは処女膜が裂けるわけですから、当然膣には痛みがあります。

ですから、複数回やりたい気持ちになってもそこはぐっと我慢して、一回で止めておくようにしましょう。

生でのセックスは極力やめておく

処女膜から血が出るということは、その部分が損傷しているということです。そのため生でのセックスは避けておいた方が男性にとっても女性にとっても良いでしょう。

ローションも念のために用意しておく

稀に女性の側で挿入時に耐えられないほどの激痛が走ったりして、なかなか挿入できないことがあります。

特に処女、かつ濡れにくい女性の場合、痛みを伴う可能性がかなりあります。そんな時にローションを持参していれば、スムーズに挿入することが可能に。

ですから、処女狙いの場合はローションを持参することを忘れないようにしましょう。

まとめ

このように、一見かなり難易度が高いと思われる処女とのセックスも、これまで解説してきたような対策を立て、努力を厭わずある程度の数をこなす、ということを実行すれば、成功する確率もかなり高くなります。

せっかく男として生まれてきたのならば、一生に一度は処女とセックスしたいものです。

今回解説した事項を一つ一つ試してみて、処女とのセックスをぜひとも成功させてください!