VISPAチャンネル

出会い系サイトで出会い、女性が喜ぶ理想のデートとは?

   

新たな出会いを求めてワクワクメールという出会い系サイトを利用してみました。

このサイトは口コミでも評判がよく沢山の会員が登録されていて
安心して利用できる出会い系サイトの一つです。

しかし中には既婚者の利用もあり、割り切ったお付き合い目的の男性もかなり多いようです。

参照:ワクワクメールは本当に出会える出会い系サイトか?

■出会い系サイトで純粋な恋愛はできるのか?

そんな中で、純粋に恋愛できる人に出会いたいと思っていた私は、掲示板に「既婚者お断り。純粋な恋愛がしたいです」という書き込みをしてみました。

その後、掲示板を見た沢山の男性からメッセージが届きました。

見たところ、皆さんバツイチだったり、結婚経験がなかったりとりあえず独身ではあるようです。

その中でも、プロフィールのスーツ姿が素敵だったJさんに白羽の矢を立て親睦を深めてみることにしました。

■つかみはオッケー。しかしいざ会う約束になると・・・

Jさんとメルアドの交換をしてプライベートを探ってみました。

ドライブやカフェ巡りが好きなようで、私とも話が合いそうです。

次の日、たまたま某ショッピングセンターのカフェでお茶していたときにJさんからメールが届きました。

「土曜日ですが何してますか?」

カフェ好きなJさんと一緒にお茶を飲むのも悪くないかな?と思った私は

「もし近所だったら立ち寄ってみませんか?」

という返信を送りました。

この主語のない適当なメールが災いのもとでした…。

本来なら「いま○○のショッピングセンターの
カフェでお茶しているのでよかったらご一緒しませんか?」

と、送るべきだったのを変に端折ってしまうことでJさんの勘違いを引き起こし男性なら誰しもが持つ欲望を駆り立てる結果になってしまうとは・・・。

メールを返信するまでそれから起こる悲惨な結末など予想もしていませんでした。

「え?どこに?すっごくドキドキするんだけど。」

というJさんからの返信を見て自分の過ちにすぐ気づいてしまったのですがもう後戻り出来ない状況に陥ってしまいました。

私の送った、待ち合わせ場所をほのめかすようなメールのせいでJさんはすっかり舞い上がってしまったようです。

Jさんはてっきりラブホへのお誘いだと勘違いしたようでそれからのやり取りはすっかりH目的モードに切り替わっていました。

そんなつもりではなくただ、おいしいお茶を飲みながらJさんとフィーリングが合うのかチェックしてみたかっただけの私でしたが、いくら私が○○のカフェで楽しくお茶したいだけなんですけど!と説明してもJさんのH目的モードは切り替わりません。

「ラブホで話するだけだよ。何もしないよ。」

「ラブホがダメなら車の中はどう?」

明らかにおかしいですよね。

なぜ話をするだけのなのに密室である必要があるのでしょうか?

「もし近所だったら立ち寄ってみませんか?」のメールがそういうことへのお誘いだと勝手に解釈して、もうどうにも止まらなくなってしまったJさんにドン引きでした。

そして私はとどめを刺しました。

「じゃぁ今日はやめて今度居酒屋さんでおいしいビールごちそうしてください。」

もちろん今後、Jさんとは関わらない予定です。

割り切りの出会いではなく純粋な恋愛を求める女性は深い仲になるまでのプロセスを大事にするものです。

Jさんのように、明らかに行為目的だとバレバレの密室に誘い出す行為は女性にとって胸キュン要素もときめきも、全くありません。

たとえ行為だけが目的だとしてもそこにたどり着くまでの女心をくすぐるお膳立てをすることは男性の義務だと言えます。

出会い系サイトで素敵な交際相手に巡り合いたい女性は男性の素敵なエスコートを待っています。

会っていきなり行為に及ぶ女性は危険がいっぱいです。

お金が目的で、行為の後に支払いを要求されるかもしれません。

素性のわからない女性に病気をうつされてしまう可能性だってあり得ます。

どのみちこういった関係は長く続きません。

やはり長く続けられる素敵な恋愛はプロセスが命ということです。

Easy come Easy go!
簡単に手に入ってしまうものは
やはりその程度の物です。

【合わせて読みたいページ】

 - 出会い