出会い

出会い系のパパ活女子なら激安キャバクラより全然安く遊べる!

最近のメディアではパパ活が頻繁に特集されていて、パパ活がまるで普通のアルバイトのようになってきたような感もあります。

しかし実は、パパ活女性は出会い系サイトを利用する男性からは嫌われることも多い存在です。

とはいっても発想を変えれば、このパパ活女性も男性たちにとって楽しく遊べる女性となり得ます。

そこで今回は、キャバクラ遊びの代わりにすればメリットも大きい出会い系サイトのパパ活女子について解説してみました。

パパ活女子が嫌われる理由は?

セフレを求めているナンパ男性や普通の恋人を探しているピュアな男性と、お小遣いを渡してセックスする相手を探している割り切り男性とでは、パパ活女子を嫌っている理由が異なっています。

その理由について、これから解説していきます。

ナンパ男性、ピュア男性がパパ活女性を嫌う理由

女性をナンパしたり、出会い系サイトでセフレを探してるような男性は基本的に女性にお金は一切払いません。

せいぜい食事代をおごるか、ラブホテル代を出すか、といった程度です。

そのため、彼らはお小遣いをもらわなければ男性と会おうとしない女性のことを軽蔑しています。

ですから、こういったナンパ師や恋人を探しているピュアの男性はパパ活女性を基本的には嫌っていて、会うことはありません。

割り切り男性がパパ活女子を嫌う理由

割り切り男性は女性にお小遣いをあげて出会っています。

それなのになぜ、同じようにお小遣いをもらうパパ活女性を嫌うのでしょうか?

その理由としては、基本的にパパ活女性はセックスしないでおしゃべりしたり、一緒にお散歩するだけでお金をもらおうとするからです。

割り切り女性の場合、お小遣いさえ与えればセックスさせてくれます。

この違いはかなり大きいので、体の提供もなしにお金を取ろうとするパパ活女性のことを、割り切り男性はかなり忌み嫌っています。

そんなパパ活女性を活用する方法

しかし、視点を変えてみるとパパ活女性も悪くない存在だということがわかります。

まず、パパ活の相場としては出会うのに5,000円から1万円程度のお金を要求する女の子が多いです。

そこでよく考えてほしいのですが、キャバクラに行って5,000円で収まるでしょうか?

1セットだけで安い店でも5,000円程度は取られるところが多く、その上にサービス料30%とか、キャストドリンク1,000円とか、キャバクラはどんどん料金が上乗せされていく仕組みになっています。

これに対してキャバクラは5,000円の女の子なら5,000円だけで大丈夫です。

そして、パパ活女子との出会いでは、高級レストランなどに行く必要はありません。

カラオケで十分です。

激安カラオケ店の個室でキャバクラ気分を味わって十分に楽しめます。

さらに、焼酎やウイスキーは自分で持ち込むと良いでしょう。

最近のカラオケ店は持ち込みOKのところが多くなっていて、炭酸水やジンジャーエールなどのソフトドリンクは飲み放題となっているお店が多いです。

ですから、自分でボトルのお酒を持ち込んでフリードリンクの炭酸水で割れば、カラオケルームが個人キャバクラ店に変身します。

また、お酒は飲みたくなければもちろん、飲む必要はありません。

いや、むしろ飲まない方が女の子には好かれる可能性が結構あるでしょうね。

ちなみに、5,000円でどれぐらい引っ張れるかといえば、2時間は行けるでしょう。

私の経験でも2時間はいけました。

これを高いと考えるか安いと考えるかです。

少なくとも、キャバクラと比較すれば安い、と思います。

また、パパ活女子の場合、一回の出会いで1万円要求する女の子がいます。

この場合はぶっちゃけ1日ぐらい引っ張ってみましょう。

1万円といえば、割り切りでセックスできる金額です。

また、風俗でも1万円払えば、格安デリヘルならしっかりと遊べてしまいます。

1万円という金額はそれだけの重みのあるお金、ということになります。

ですから、女の子とダラダラと長時間デートしたい、といった欲望がある時に、このパパ活女子を利用すると良いでしょう。

ただし、こういう女性は1万円払ったからといってデートはできてもセックスはできない、という点には注意が必要です。

そういうことをしたい時は出会い系サイトにセックスさせてくれる割り切り女性がいっぱいいるので、割り切りの女の子を選ぶようにしましょう。

キャバクラで6時間とか7時間飲んだらどれだけのお金がかかるのか、ということを考えれば、たったの1万円で女の子を長時間連れ回せる、と考えれば1万円も高くはないと思いますね。

特に、セックスよりも女の子とお話をするのが好き、という人にはパパ活女子はお勧めできます。

ただし、お金を払う際はパパ活の場合は必ず後渡しにしてください。

会ってすぐに渡すと、もらうものはもらった、ということで女の子が短時間でさっさと帰ってしまう可能性があるからです。

パパ活女子を選ぶ際の注意点

パパ活女子の中には、がめつい性格でとにかく楽してお金だけはいっぱいもらおう、と企んでいる女の子もそれなりにいます。

ですから、そういう女性はその欲深い性格を見抜いて弾くようにしましょう。

性悪女の性格をどうやって見抜くかといえば、メールのやり取りをしばらくしていれば、性格の悪い女の子は自分勝手なことばっかり言ってくるので、だいたいわかります。

メールをやりとりしていて、この子はいい子だな、男性に対して気遣いのできる女の子だな、と思える女の子を見つけたら、出会ってみると良いでしょう。

まとめ

このように、ちょっと考え方を変えてみれば、パパ活女子も意外に楽しめる存在だということがわかります。

セックスのありなしやタダで出会う、ということにこだわりすぎているとパパ活女子が腹黒い女の子に見えますが、何時間も人を拘束するのならば、パパ活女子に限らずとも、やはりそれなりのお金は払うべきでしょう。

本物の素人の女の子もかなりいるので、慣れてくるとガールズバーやキャバクラに行くよりも楽しくなってきますよ。