VISPAチャンネル

華の会メールは本当に出会えるサイトか?

      2017/01/04


華の会メールは30歳以上の男女を対象とした恋愛コミュニティです。このサイトが対象年齢として提示しているのは30歳から75歳まで(女性は25歳から75歳まで)で、10代や20代の方は利用できないことになっています。

一般的にコミュニティサイトを利用されるのは若い年代の方が大半です。

そのため、30代以上の方はどうしてもコミュニティサイトの利用に抵抗があったでしょう。

若い方のプロフィールが並んでいる中に、自分のそれを載せることを恥ずかしいと思われるでしょうし、「場違い」「浮いている」「空気読めない」などとばかにされることになるかもしれません。

特に20代後半以上の女性の方は、出会いを求める気持ちがあってもそれらを気にされて、利用を躊躇される方が多かったのではないかと思います。

また、30代以上の男性の方は、恋愛関係を前提とした出会いを求めても、若い女性の側は年齢差が大きい男性に対して恋愛の関係を求めることはきわめて少なく、一部の女性が援助交際などの金銭の介在する交際相手としてなら会ってもいいと持ちかけてくる程度になるでしょう。

そのようなわけで、多くのコミュニティサイトは男女とも若い年代の方々を中心としたコミュニティとなっていたのです。

そのような状況の中で、華の会メールは「大人の恋愛」「30歳からの恋愛」に限定した大人のためのコミュニティサイトとして開設されました。

30歳以上(女性は25歳以上)の方のみを対象とすることで、大人どうしの恋愛、結婚、再婚を求める方たちが気軽に利用できることになり、これまでコミュニティサイトの利用に二の足をふんでいた方が次々に入会され、2015年11月現在23万人以上の方が会員として利用される規模となっています。

この華の会メールでの「大人」とは、ただ単に年齢的に成人とされている方ではなく、精神的にも成熟されていると思われる30歳以上の方が対象となっています。

若い方はどうしても軽いノリでの言動が目立ったり、出会い=カラダの関係と直結させてがつがつした言動や態度を表すなどをされることが多いのですが、このサイトにおいてはそういった行動は「ガキっぽい」と最も嫌われます。

初めてメールを送り、お互いにやりとりを続けて、実際に会うことになったのは数か月後になったといった例も多くあります。

会うことを焦らず、メールのやりとりを楽しみ、会ってからは大人のおちついた恋愛を楽しむ、華の会メールはまさに、大人の紳士淑女のためのコミュニティサイトといっていいでしょう。

華の会グループ運営サービス紹介

華の会メールは華の会グループの一つのサービスです。

他のサービスも運営しているようなので、一部を紹介していきます。

熟年電話倶楽部⇒URL
(60代以上に限定したツーショットサービス)

人妻テレホン⇒URL
(欲求不満の奥様をメインにしたツーショットサービス)

SMマニア通信⇒URL
(SMパートナーを探したい人におすすめのツーショットサービス)

【関連記事】

 

 - 出会い