出会い

ママ活の実態と、オススメのママ活募集サイト・アプリについて

 

女性が男性からお小遣いをもらう出会いのスタイルはパパ活と呼ばれ、ずいぶん前から一般的となっていますが、最近登場してにわかに注目を浴びている出会いの方法がママ活というものです。

ママ活について簡単にいえば、男性が女性と出会い、男性の方が女性からお小遣いがもらえる、という出会いのスタイルです。

でも、本当にこんなことが可能なんでしょうか?

そこで、ママ活の実態と具体的な方法について今回は解説してみました。

ママ活では具体的に何をするのか?

一言でママ活といっても、ママ活のことを初めて知った人にとっては一体どういう行動をママ活というのか、よくわかりらない方が多いのではと思います。

基本的には、ママ活は男女の恋愛関係に近いような行為全てを指します。

ですから、カフェで飲み物を飲みながら語り合う、といったような行為から、公園で二人一緒にベンチに座って語り合ったり、映画を見たり、といったソフトなものまで、全てママ活となります。

それだけでなく、お互いにラブホテルに入って肉体関係を結ぶと言った大人の関係など男女の行為のほぼ全てがママ活に含まれます。

ただママ活の場合、頑張ってる若い男性を応援したいという気持ちを持つママもいるのでこのあたりは通常の恋愛感情とは少し違ったものとなります。

ママ活の相場

 

女性とデートする場合、普通は男性が女性におごったり、時にはお小遣いをあげたりするのはこれまでの通常だったわけですが、ママ活では男性の方が食事や遊びのお金をおごってもらえたり、その上お小遣いももらえたりします。

では、その夢のようなママ活のお小遣いの相場はどの程度のものなんでしょうか。

平均では3,000円から5,000円ぐらいが基本

単純なデートならば3,000円から5,000円ぐらいが基本となります。これは女性がお小遣いをもらうパパ活の場合とほぼ同程度です。

しかし、下限は3,000円程度となりますが、上限は限りがありません。

一応、5,000円程度が多いというだけで、デートだけで1万円とか3万円程度もらえること可能性も十分にあります。

その辺りは相手の女性の経済力と自分自身の魅力、またはお互いの相性というものにかかっています。

気をつけておきたい点としては、ネットなどでは高めの値段が言われる事も多いですが、やはり女性は男性に比べれば収入が低い場合も多いという点です。

そのため、女性がお金を払うママ活ではあまり高額のギャラを要求しない方が良い場合も多いです。

その辺りは女性の仕事のことや収入のことをうまく聞き出したりして、なるべく長く関係を保てるように注意してお小遣いをもらうようにしましょう。

例えば女性のパパ活の場合、食事だけで1万円もらえるといった意見がよく見受けられますが、実際は3,000円から5,000円程度なのが現状です。

というのも、食事をした程度でお小遣いを要求されることに強烈な拒否感を示す男性が多いからです。

それと同じく、1日に6時間も7時間も拘束されるならば1万円以上もらっても良いですが軽く食事をする程度ならばあまり高い額を要求しないようにしましょう。

ママ活の違法性について

 

では、ママ活という行為は果たして法律的にはどういう風に判断されているのでしょうか。

肉体関係のないデートだけの場合

まず、デートだけの場合について見ていきましょう。

結論からいえば、一緒に食事をしたり散歩をしたり買い物をしたりといったデートのみの場合は法律的に全く問題とはなりません。

ですから、デートのみならば、のびのびとママ活活動を行うことができます。

肉体関係がある場合

これは場合によっては売春防止法に反する行為となります。ただし、将来的にはどうなるか分かりませんが、今のところ売春防止法では個人売春は違法行為であっても罰則がありません。

そのため、ママ活で個人売春を行ったとしても逮捕されることはありません。この辺りは微妙な法律解釈となりますがママ活をするなら覚えておきたい法律知識です。

ママ活はどんなサイトでやればいいのか

 

それでは、ママ活は一体どんなサイトですればいいのでしょうか。実際には以下のサービスがよく利用されています。

出会い系サイト

最もよく用いられてるのは出会い系サイトです。

出会い系サイトの場合、年齢確認などが済まされているので安全性が高いというメリットがあります。

また、現在の出会い系サイトでは実際にママ活の相手を求める女性もちょくちょく見受けられるようになってきました。

そのため、ママを探す手間が省けるというメリットも見逃せません。

それでは、具体的にどの出会い系サイトを利用すればいいの?と疑問に思う場合は、ワクワクメールイククルを使っておけば、無難でしょう。

あとは、JメールPCMAXくらいです。

一つか2つくらい登録して「ママ活」で検索したり、掲示板をのぞいてみましょう。いい人がいたらアタックしていきましょう。

登録無料で無料ポイントもあるので、一度使ってみることをおすすめします。

Twitter

ツイッターでママ活の相手を募集している女性や男性もたくさんいます。

参照:

ただ、Twitterは誰でも登録できるサービスで、一人で多数のアカウントを作ることも可能なので、安全性にやや欠ける部分もあります。

これに対して、出会い系ならば24時間365日体制でパトロール専門要員を雇っていて、不正行為を働いた人間は処分してくれるのでTwitterよりは安全性が高いです。

こういった事情を考えれば、出会い系サイトとTwitterの両方を併用して相手を探してみると良いでしょう。

ママ活の危険性

 

ママ活をやる上で危険性はないのか、と聞かれれば全くないとは言い切れません。

美人局や詐欺

例えばママ活の相手を募集中、と言われて出会いに行ったら美人局にあってお金を恐喝されたなどといった事態が起こる可能性があります。

これは、パパ活にも言える事ですね。

また、出会い系でよくある詐欺の手口で、最初だけ2万円ください、次からは私の方がお金を払います、といった形でまず最初にお金を要求する場合、かなり高い確率で詐欺なので絶対に取り合わないようにしましょう。

主婦と不倫関係になって旦那から訴えられるリスク

 

ママ活で相手を探している女性の中には実は主婦の方が少なからずいます。

こういった女性は旦那に対する不満やセックスレス、家庭内でのストレスなどを発散したいという目的で、旦那がいるにもかかわらず、若い男性を出会い系サイトなどで求めています。

しかし、このことが旦那にバレるとトラブルに発展する可能性があります。

ママ活をしている男性にも旦那側から慰謝料請求などをされる可能性も全くないとは言えないので、主婦相手にママ活する場合は多少用心するようにしましょう。

ママ活で注意したいこと

ママ活にはもう一つの意味もある

パパ活という言葉の反対の意味として生まれたママ活という言葉ですが実は以前から全然違う意味でこの言葉はすでに存在していました。

昔からあったママ活という言葉は、「育児」を意味するものでした。子育てを一生懸命頑張ることを世間ではママ活と呼んでいたのです。

そのため、今でも時々、ママ活という言葉が子育てを意味することがあるので気をつける必要があります。

ママ活奮闘中です。などとプロフィールに書いてあるにもかかわらず

未成年はママ活してはいけない

さらに注意したいのが未成年のママ活です。未成年との性的関係は犯罪となってしまう可能性があります。

未成年女性がママ活することはまずあり得ないことですが、男性の場合中学生や高校生などは絶対にママ活をしないようにしましょう。

自分自身も補導される可能性があるし、相手の女性にも多大な迷惑をかけてしまうことになります。

最後に

このように今、特に若い男性の間でかなりのブームとなっているママ活は実態としては色々な側面がある行為です。

基本的に法律で禁止されているわけではないので、どんどんやりたい人はチャレンジすれば良いですが、トラブルなどに巻き込まれないように注意して相手を思いやったママ活活動をするようにしましょう。