VISPAチャンネル

ここまで違う!出会い系サイト事情 アメリカvs日本

      2017/12/03

日本人は、出会い系サイトに対して、かなりネガティヴなイメージを持っているようにあなたは思いませんか?

 

・出会い系は恋愛に縁のない、もてない人たちが利用するもの

・男性は割り切り、行為だけが目的。女性は援助交際が目的

・個人情報濫用やりたい放題

 

利用するのはなんだか怖いという日本人も実に多数です。

確かに、日本では出会い系トラブルという事件がかなり多く発生しています。

登録しただけで、アダルトサイトや他の出会い系からのメールが多数届くようになってしまったというのはよく聞く話です。

また、架空請求されたり身に覚えのない訴訟を起こされたり。

そして、運営サイドの問題だけにとどまらず利用者の側でも、金銭トラブルが発生したり写真を撮られてネットに流されるという事件が多発しています。

さらに酷いことには、ストーカー被害に遭い殺人事件にまで発展するケースもありました。

こういった背景があるためか日本人には、ネットでの出会いは危険なものという意識が根強いように思えます。

 

◆男女の出会いの1/3はネットでの出会い!

 

しかし、自由の国アメリカの人々は日本人に比べるとかなり出会い系サイトでの出会いにポジティブなようです。

現に、アメリカの出会い系市場はとても活発で、毎月新しいサービスが次々と生まれているそうです。

そして、アメリカ人の出会いのきっかけは1/3がオンラインという事実!

男女の出会いに限らずニューヨーカーは友達作りもオンラインというのが常識だそうです。

少し例を挙げてみるとOK Cupidという、アメリカでも有名な大手の出会い系サイトではたくさんのカップルが出会い結婚というゴールにまでたどり着くそうです。

また、The Leagueというサイトではハイクラスのユーザーが多数登録されていて起業家、社長など様々なエグゼクティブとの出会いを楽しめてしまうという美味しさ。

外国人との出会いを求めている日本人もたくさんいると思います。

これはチャンスですよ!

アメリカ人にとって、ネットでの出会いは一般的でカジュアルなもの。

日本人も、英語さえ理解出来るのならこれらのサイトを利用してアメリカ人の恋人に出会うことだって可能になってしまうのです!

 

◆即ホテル傾向の日本人に対してアメリカ人は慎重です。

日本人が出会い系サイトを上手に使いこなせないのはどうしてなのでしょうか?

日本人にとって、出会い系というのは風俗、アダルトのジャンルと見なされとてもいかがわしい雰囲気が漂っています。

これに対し、アメリカ人の出会い系に対するイメージは非常にカジュアルで日本に比べると、健全なようです。

アメリカ人は真剣に交際を始める前にデーティングという期間を設けるのだそうです。

このデーティングの期間に何人もの異性を吟味します。

日本人は、出会い系を利用していてさえ出会ったばかりの相手に対する独占欲と執着心に燃えています。

異性とやり取りをしている最中に他の異性ともやりとりをしているのがバレると気まずい空気が漂ってしまいます。

これでは、たくさんの出会いが存在する出会い系の中で、極上の相手に巡り合うのは至難の技ですよね。

日本人もアメリカ方式を取り入れるべきです。

複数の異性とやりとりしていることがバレても胸を張って言いたいものですね。

今、デーティング中なの!っと。

 

◆これからの出会いはネットの時代

出会い系を利用するのがイマイチ上手ではない日本人。

しかしながら、最近はFacebookやtwitterといったSNSの普及でネットでの出会いは自然なものという認識を持つ人が増えているようです。

また、日本の文化は10年遅れてアメリカの文化を模倣しているとも言われています。

そのうち、出会い系もアダルトなイメージからカジュアルなイメージになって出会いを求める人々に浸透していくのではないでしょうか。

日記機能や掲示板機能を備えるようになった出会い系サイトのSNS化も近頃の傾向のように思えます。

現在でも出会い系で出会ったカップルというのは出会いのきっかけをオープンにするのをためらう傾向にあります。

しかし「SNSで知り合った」と言えば周囲も抵抗なく受け入れてくれそうではありませんか?

そのうち、日本にも結婚するカップルの1/3は、出会いのきっかけがオンラインという時代がやって来るかもしれません。

よろしければ、シェア頂けましたら幸いです。

絶対おすすめ!出会えた優良出会い系サイトランキング2016

【合わせて読みたいページ】


【関連ページ】


【出会い系サイトの評価】

 - 未分類