VISPAチャンネル

こんな男は女性に嫌われる 5つのNG行為

      2017/01/03

 

男性は女性ほど仕草や身なりを意識しないものです。
むしろあまりにも外見ばかり気にする男性は男らしくないといって気持ち悪がられてしまったりもします。

外見を気にする男は中身がない!
なんて偉そうに言うおじさまもたまにいますよね。

だからといってあまりにも自分の言動、仕草、外見について気にしなさすぎると今度は常識はずれな男性になってしまいます。

そして身なりがちゃんとしていなかったら不潔な印象を受けてしまいますよね。

不潔で常識はずれな男性を連れて街を歩きたい女性なんてまずいません。

女性がエスコートして欲しい男性になるためにもまず、自分が嫌われ要素を持っていないかチェックしてみるのはいかがでしょうか。

今回は女性目線からの嫌われる男性について5つのチェックポイントを提案します。

 

◆知ったかぶりをして上から目線にイラッ!

女性にとって、色んなことを知っていて知識が豊富な男性というのはとても頼もしい存在です。

しかし、時々、実際はたいして知識がないのに自分は博識であるかのように振る舞い女性を小馬鹿にしたような態度をとる男性がいます。

知識をひけらかした上に相手をバカにする。
もし小学生なら間違いなく仲間はずれにされてしまう行為ですよね。

もちろん女性から見てもドン引きです。

その上ひけらかした知識が間違いだらけであることに女性が気づいてしまったら痛いことこの上なしです。

自分の知識を披露するときはあくまでも女性に教えてあげるというスタンスで。

 

◆所構わず貧乏ゆすり。やめてー!

オシャレなカフェでデートしている最中。

地震でもないのにコーヒーカップがかすかに揺れています。
テーブルの下に目をやると彼の貧乏ゆすり。

もうやめてー!!と、思わず叫びたくなってしまいます。
男性が脚を広げて座るのは許容範囲です。

しかし貧乏ゆすりをされてしまうとなんだかイライラされてるようで落ち着いて話もできません。

貧乏ゆすりはストレス発散の一種とも言われています。

それゆえに、どこに行っても貧乏ゆすりをされてしまうと女性が何か不快感を与えているのか?

そういうサインとも解釈されかねません。

無意識に上品な場所で貧乏ゆすりをしてしまいそうな男性は気を付けましょう。

 

◆ズボンの後ろポケットによく平気で財布を突っ込むよね!

街を歩いていると、ズボンの後ろポケットに無造作に財布をぶち込んでいる男性をよく見かけます。

治安のいい日本だから男性も安心しているのでしょうか?
また、財布や車のカギをよく失くす男性もいますよね。

財布の管理もできない男性なんて!

仕事も、私生活も、そして経済観念も全てにおいてだらしがない男性という印象を受けてしまいます。

財布が入る入れ物くらい持ち歩きましょう。

 

◆デートの時にゆっくりお店を見せてくれない

 

自分の見たいお店ではずっと待たせるくせに女性が興味を示したお店は全てスルー。

世の中の70%くらいの男性はこの傾向にあるように思います。

デートの時ぐらいパソコンパーツのマニアックなお店やカー用品のお店は我慢しませんか?

一人の時間にいつでも見に行けますから。
それよりも二人で行って二人で楽しめるお店をチョイスしましょう。

お互いの共通の趣味に関するお店でも良いですし、もしくは彼女のお気に入りのお店に連れて行ってもらうのもあなたにとってプラスになります。

彼女の好みをリサーチできるまたとない機会なのですから。

 

◆プレゼントのセンスがマジで最悪

 

こんな男性いますよね。

だから彼女の好みをリサーチすることには大いに意義があるのです。

得てして男性が自分の独断でプレゼントを選ぶと、女性から見てかなり子供っぽく思えてしまうものをチョイスしてしまう傾向があるようです。

自信がない場合は、あらかじめ彼女に何が欲しいかを詳細に聞いておくことです。

実際にプレゼントのチョイスがあまりにダサすぎて彼を嫌いになってしまうなんてこともあるんですよ。

気をつけておきたいものです。

 

◆ まとめ

「男らしい」も、度が過ぎるとただの野暮ったい配慮のない男性になっていまいます。

細かなところに目配りする女性にとっては男性の大雑把さに呆れる場面もしばしば。

あまりに細かいことにこだわりすぎる神経質な男性も女性は苦手です。

感じのいい男性になるためのさじ加減には注意したいところです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

よろしければシェアやコメントを頂けると幸いです。

 

【関連ページ】

【出会い系サイトの評価】

 - 恋愛